仕事は自分の役割を理解することからスタートする。経験談を踏まえ書いてみた!

Pocket

仕事は、組織として動くことがあります。

その際は、自分自身の役割を理解して行動する必要がありますが、それはチームプレーとなり組織全体で大きな成果へ繋がるわけなんですよね。

今回は、最近の私の経験をもとに自分の役割を認識する大切さについて考えていきたいと思います。

 

 

私の役割とは?

私の失態を書く前に、そもそも「あなたは何をしているの?」というのを説明しないとわかりませんよね。

↓にも記載しているのですが、私はIT商材を代理店販売している企業へ営業として入社しました。

 

 

ただ、現在は営業から離れ社外からかかってくる電話を切り分けてWEB会議ツールへ投稿し担当営業へ繋いだり、お客様からの問い合わせであった注文後の雑務をやったりする部署へ配属されました。

営業とはかけ離れていますが、私の会社は上記のような業務をやる専門部署がなかった為、営業への負担があったんですよね。

その分、本来やらないといけないお客様対応へ時間を割けない状況でした。

私は、実際にやってみてこういった社内の人が本来やるべき役割に専念できるようにバックアップできるのは嬉しいことだと強く感じています。

 

では、そんな私がどんな失態を犯してしまったのか?というと…。

 

私が犯した失態とは?

失態のスタートは、お客様からのとある問い合わせになります。

担当者へ繋ごうとWEB会議ツールへ投稿したのですが、担当者から反応が無しだった為、改めて連絡する旨を伝えて終話。

この時、

・お客様より業務終了時間聞いており、その時間に迫っていた。
・問い合わせ内容は、私でも確認できること。
・担当者は、社内の会議に入る機会が多く、お客様の業務終了時間までにかけられない可能性がある。

という状況でした。

そこで、私はというと、

・お客様をお待たせしない為にも、業務終了時間までにかけないといけない、と思った。
・担当者からお客様へ折り返しが入らない可能性がある。
・お客様からの問い合わせ内容について、自分でも確認できるなら自分でやってしまった方がお客様や担当者の為にもなる。

という思いから問い合わせ内容を調べ連絡しました。

 

ただ、これは本来なら私がやるべきことではないのです!!!

何故なら会社の中で、今回の問い合わせ内容は担当者がやる仕事なのです。私が調べてお客様へ伝える内容ではないのです。

 

今回の出来事は、担当者より聞いたところそれほど重要な事案ではなかったので、丸く収まりましたが、これが担当者や会社の数字に大きく関わることだったら私は、どうなっていたことか…。

ゾッとしますねw

 

学んだことは自分の役割を理解すること!

今回の出来事を通じて、「自分の役割を理解すること」の大切さを学びました。

勿論、組織によっては自分の役割に囚われていては、業務が進まないといった組織が成り立たないという状況があるかもしれません。

しかし、組織として役割が決まっている状況下では自分の役割に徹した方が、周囲の人と連携しやすいんですよね。

 

今回の件、今振り返ってみて私がとるべき行動は、

・別担当者へ相談する。
・私がお客様へ連絡するなら、担当者が会議に入っていて本日中の折り返しが難しいので後日折り返し連絡させて頂く旨を伝える。

ということになります。

私がとった行動は、最終手段になります。

いくらできることがあっても、先ずは役割に徹して行動していく中で、それでも他の人では対応できない状況なら私がやれば良い話なんですよね。

 

今回の反省として、役割を理解できていなかったことと、それに伴って感情で動いてしまったことだと考えています。

感情でやってしまうと、目の前のことがより重要に思えて誤ったことをしてしまうので恐ろしいですねw

今後は、役割を理解するというのは、それが行動する・判断する軸となると思うので、今後はこれに沿って行動・判断していこうと思います!

 

最後に:役割を理解することは自分の軸を作ること

今回記事を書いていて、組織で動く時に自分の役割を理解することは、自分の軸を作ることに繋がると思いました。

これは、営業なら会社やお客様の利益を作るという役割があるでしょうし、マネージメントする立場なら持っているチームをまとめるという役割があるでしょう。

しかも、任されている役割の大枠はみんな同じでも自分自身での定義でも変わってきます。

それは、自分の軸になる部分になると思うので、組織で動いていくのなら自分の役割というのは再認識した方が良いでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)