「正しい」や「コントロールする」というのが自分を苦しめる。【悪魔とのおしゃべり】の感想をまとめてみた!

Pocket

皆さんは、【悪魔とのおしゃべり】という本をご存知でしょうか?

私は、このタイトルを読んだ時、「悪魔と何を話しているんだ?」と興味を持ち手に取りました。

会社のルールや周囲の方の意見などに縛られ身動きしづらいと思っている方にはオススメの本となります!

 

 

「正しさ」を疑ってみる

色々な状況によって「正しい」というのはあると思います。

・恋愛するなら服装や髪型を整えた方が良い
・人とコミュニケーションを取れるようになった方が良い
・お金は何かあった時のために貯金した方が良いし、使って経験を積んだ方が良い

もしこういった「正しい」に苦しさや違和感を感じているなら疑うのが良いと思います。

というのも、「正しい」というのは人の価値観によって作られたものであり、自分自身には適していない可能性があるからです。

 

こんな時は自分の感情を見直せる

【悪魔とのおしゃべり】を読んで共感した部分があります。

それは、

「自分がやってはいけないと思っていることで有名人などがやっていることに対して嫉妬する」という感情は自分自身がやりたいと思っていること

という内容になります。

例えば、不倫やお金を稼ぐことになります。

・今一緒にいる人とは別の人と関係を持ちたいけど我慢している。
→私は我慢しているのに、何でこの人はやれるの?!

・もっと稼いで旅行行きたい!、広い家に住みたい!、異性からモテたい!
→どうせ悪いことをしているんじゃない?

ネット上を見ていると、叩かなくても良いと思うことでも叩いている人を見かけます。

「そう言えるよな〜」と思いつつも、その言葉の裏には「本当は自分だってやりたい!」と思っているんだと思います。

じゃないと反応しないですからね。

こういう本音に対して蓋をすると、ストレスが溜まると思います。

その時にできることは、「やりたいと思っている」という感情を許してあげることだと思います。

何か行動を起こさないと状況は変わりませんが、少なくても自分のことを自分で許してあげることは自分の心を軽くす1つ手段だと思います。

 

周囲をコントロールしない

日々の生活でこのように思うことがあります。

・仕事で依頼内容の回答が1時間以内に来てほしい!
・◯◯さんに今送った文章が伝わって△△ということをしてほしい!
・◯◯さんならできるでしょっ!

よくよく考えてみると、私の願望・期待であり私以外の人が関与していることのため、相手がどのように受け止め動くかなどわからないため、叶えることは難しいでしょう。

さらに、これは自分自身にも言えることで

・1年後は◯◯万円稼いでいる!
・1ヶ月以内に✖️✖️さん付き合って、半年後には結婚している!

という期待も同じでその期待通りに物事が進むかというと難しいと思います。

このように、周囲や自分の将来に対して願望・期待を寄せることで、その通りにいかなかった時に怒りが出てくることがあるでしょう。

 

今の自分以外はコントロールできないことに気がつく

今の自分とは、

・人との会話内容
・YouTubeの選択
・店員さんの行動や言動に対する受け止め方

など今この瞬間のできごとに対する行動や考え方になりますが、ここはコントロールすることは可能でしょう。

しかし、それ以外は自分の思い通りに操るのは生きている環境が色々な人で絡み合っているため難しいですよね。

このことに気がつくことで、怒りは起こりにくくなり穏やかに日々の生活を送れると思います。

変なところにエネルギーを割かなくて済みますね!

 

目の前のできごとは「運」も関係しているのかも

目に見えない力のお話になりますが、大事だと思うのが目の前のできごとは自力だけでなく「運」も関係していると思うのです。

・座りたい席に座れた。
・帰りたい時間に帰れた。
・仕事で依頼したことが予想以上に早く回答があった
・仕事で依頼した内容をそれ通りに実践してくれた

これらというのは、そういうタイミングや状態だったからこその結果であり、自分の力でできることではないと思います。

このように1つの結果というのは、自力以外にも色々な要素が重なり合ったからこそであるため、できて当たり前というよりは「ありがたいこと」だと思います。

このように感謝できると、生きやすくなるのではないでしょうか?

 

 

時の流れに身を任せる

先程の「コントロールしない」ということと被りますが、時の流れに任せるというのはもがき続けたくなる状況で大事な姿勢だと思います。

この姿勢を取る上では、

自分がやれることをやった!

という状態がベストでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

例)IT商材の営業において商談で実際の取引の話になった時

・月に1回はコンタクトを取っており雑談したり、お客様の使用製品の状況を把握している。
・自分合わせて3社と相見積もりを取っていて、全て見積もり提出済み。
・競合情報を確認し、希望スペックで希望納期に間に合う製品を提案した。

これ以上何もできない、という状態で回答結果まで残り2日となった。

この時のやることとして、

①上司やお客様へ取引成立に向けて出来ることはないかを聞く。
②やれることはやったと思い、今後の案件発掘をする。

というのが挙げられると思います。

上司に相談するのは良いと思いますが、その月の目標数値に対する達成状況や次月の目標数値達成のことを考えて案件発掘を行うでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何故なら直前までやれることをやった状態でもがいても、結果は変わりづらい可能性がありますし、むしろその一勝負に全てをかけるよりは、時の流れに身を任せ他のことにも力を注ぐ必要があると思うからです。

 

力を分散できる

仕事や恋愛、副業など様々な場面で「自力で何とかしよう!」と思うことってありませんか?

そして、目の前のことが超重要に感じてしまうことってありませんか?

私はよくあるんですよ!これは、大事な考え方かもしれませんが心身が疲弊することがあるんですよね。

そのため、頭の切り替えができず諦められない状態になってしまう。
そして、他のことが手につかない状態になり滞ってしまう。

その時々でベストってあると思います。

後で振り返ってみると、やり漏れというのはあると思いますが、切羽詰まっていたり、緊張感があるとついつい飛ばしてしまうことがあります。

それでも、その時々に応じてベストを尽くし、「このくらいやったから後は祈るのみ!」みたいな感じで他のことに力を注げるとやるべきこと、やりたいことが滞るというのは減ると思います。

時の流れに身を任せるというのは、「何とかなる」と信じれている状態・姿勢といえるのかもしれません。

 

 

最後に:自身の最適解を見つける

色々な情報を見聞きする中で思うことがあります。

・「正しい」ということはない。
・情報を浴びた上で自分はどう思うのか?
・100人いれば100通りの考えがある。
・自分の言葉で語っている人は説得力を感じる。

世の中知らないことだらけであり、ネットやリアルを通じ新たな情報・知識に触れる機会が多くあります。

その中で日々学びつつも、「自分自身がどのように思うのか」を問い続け、自分にとっての最適解を見つけることが大事なんだと思います。

それが自分自身の軸になるでしょうし、その最適解さえも自身のフェーズによって変化させていくことで自分の人生を歩みやすくなるのではないでしょうか?

 

悪魔とのおしゃべり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)