生きる意味を考えていた時期は辛かった。今はそこから抜けられたがどうしてなのか?

Pocket

私は、2021年3月頃から急に生きる意味を考えていました。

今はというと、そんなことを考えず目の前のやれること、興味関心が湧いたことをやれています。

今回は、

・当時の心境
・今は打ち込めているがそうなれたきっかけ

などについて書いていこうと思います。

 

 

生きる意味を考えていた頃は辛かった

人それぞれ受け止め方解釈が異なるため、「そんなこと思わないよ〜」と思う方もいらっしゃると思います。

ただ、当時はメンタルは落ちて辛かったんですよね。

・目的・目標がない→何をして日々生きていけば良いのか?
・やりたい事がない
・虚しい→心も頭も空っぽ状態
・将来どうなるんだろう?どう生きていけば良いんだろう?→不安に駆られていた。

といった状態で、仕事も含め何も真剣になれなかったんですよ。

この時とこの状態になる前の自分では、目の前のことに対する身の入り方が違うことから、

今の俺マズくない?でもどうしたら良いのかがわからない!

と考えていたのです。

なが〜いトンネル、目の前が見えない真っ暗な道を歩いていた感じだったかと。。

 

この時は、色々と頭の中で駆け巡っていたので、モヤモヤしていたので今後のためになるかと思い、落ち着いたタイミングでブログにまとめたりもしました。

少しでも参考になれば嬉しいです!

 

今はやれることや興味関心あることに目を向けられているんですよね。

何故ここまでこれたのかというと、ブログを書いたり、運動したり、仕事で最低限のことをやったりと目の前のことを積み重ねたという事が当てはまると思います。

その際は、感謝される、稼げる、といった利益を追い求めることはしませんでした。

利益を得られれば良いのですが、そこまで考える事ができなかった追い求めて自分に負担をかけたくなかった、という思いがあるからです。

ただ、これ以外にもきっかけとなることがある事があるんですよね。

 

何故トンネルを抜けられたのか?

私がトンネルを抜けられたのは、

・人と会う中でダメ出しを貰えた
・生きる意味を考えることに飽きてきた
・何かやらないといけない気がした

ということでした。

 

人と会う中でダメ出しを貰えた

私ができると思っていたことに対して、大したことないのですがダメ出しを貰ったんですよね。

ダメ出しというか指摘、改善点というか…。

それまで、とあることに対して「今までやった事があることだから大丈夫でしょっ!」と思っていたんですよ。

だから、「すげー!、ここまでできるんですね!このまま突き進みましょう!」と言われる、評価されると思ったんですよ。

 

しかし、現実はそうではなかった。

ダメ出しを貰ったことで、

・まだやれることはある
・相手の心理を考えるなど知らないこと、自分には見えていない事がある
・今はできていないけれど、やればできそうだと思った

と考えるようになった、というか開き直れたのです。

ちなみに、一時、相談したことなのにも関わらず「◯◯さん、✖️✖️をやっているんですか?!」と忘れられていた、ということも悔しさを感じたのを覚えています。

このことで、利益を得るというよりは、「先ずはスキルを積み重ねる事が必要」「その為にも少しずつでも積み重ねよう!」と思い、モヤモヤとしたのが晴れた記憶があります。

 

生きる意味を考えることに飽きてきた

それだけ考えたんでしょうねww

考えましたし、人にも聞いて、本を読んだりもしました。

時には、考えていることが心地よく感じることもあったのですが、それも通り過ぎて単純に飽きましたね。

これは、教科書に載っているような「正解」はなく、人それぞれの「解釈」によるところなんですよ。

そんなことを考えても、今の自分にはないし、ネット上で調べても発信者によって答えが違う。

ならば考えても仕方ないな〜、と気がついたのがトンネルに入って2ヶ月くらい経った頃だったかと。

 

ただ、ここまで思えるくらい時間を費やせたこともあり、「正解はない」というのに納得できたのですが、これはこれで良かったと思っています。

 

何かやらないといけない気がした

感覚的〜ww

私が生きる意味を考えるきっかけになったのが、部署異動でした。

それまでは、営業でアウトバウンドをやっていたのに、インバウンド対応に変わったんですよね。

落ち着いてふと思ったのが、営業に未練を感じたんですよ。

営業は、恐らく求人の職種の中でも多く、募集年齢の範囲が広い印象を持っています。

言い方が悪いと思いますが、やろうと思えば誰でも営業に就くことは可能だと思います。

ただ、実際に営業をやってみて思うのが、

・「会話」というのは難しい
・数字に対するプレッシャーがある
・お客様から場合によっては嫌われるし、アウトバウンドしただけで怒られる
・今はないですが、成果を挙げている人から色々と言わる

というので正直、しんどいんですよね。

これを何もスキルがない状態でやりたいと思えるのか?
自分が「恥」だと思うことだってあるので、それを受け止められるのか?
プライドを傷つけられてもやれるのか?

答えはNoでした。

ならば早いうちに営業を経験し、出来る限りスキルを身につけたり、成果を出したりしたいと思ったのです。

営業の良さや面白さだってある

一時的にでも営業を経験したことで、

・力になれていると実感できる
・力になれていない時は、「あのお客様のために頑張ろう!」、「あの人のために何としてでも成果を出したい」と思えた

ということを感じました。

また、言葉で人の行動や心を動かすきっかけを作れる。

「言葉って凄い!」とも思ったんですよね。

このブログもですが、少しでも「言葉」の部分を鍛え、「目的・目標を持った組織や個人を後押し」できるようになりたいと思ったというのもありますね。

 

 

なりたくない自分がいる

営業とは関係ないですが、会社に行ったり、電車に乗ったりしている時に、愚痴や悪口、後ろ向きな発言をする、何も変わらない人、暗い顔をしている人、嫉妬している人、何か満たされていない人、を見聞きしているうちにそうなりたくないと思ったんですよね

それでならないためには?、を考えたときに今やれることをやる、失敗を前提にする、何かを頑張る、というのが大事だと思いました。

だとしたら何かをやらないといけないし、「何か」と言うのは自分が興味を持ったり、過去にできなかったことをやったりなど何かしら思いを持ったことをやることだと思いました。
(今で言うなら営業、ブログを書くこと)

 

最後に:何かに打ち込める心境や状態って幸せだよね

生きる意味を考えていた頃は、本当に何も打ち込めていなかったんですよね。

頭も心も空っぽでした。

今思うのが、趣味でも仕事でも恋愛でも、何でも良いのですが、何かに打ち込めているって幸せなことだと言うことです。

これって衣食住がある程度安定していないとできないことだと思うんですよ。

 

日本中を見渡してみると、

・衣食住が整っていない
・仕事につけていない
・何らかの理由で体が動かない

など自身が置かれた状況が不安定な方だっています。

さらに、世界を見渡してみると歴史に名を刻んだ戦争ではないにしても、国内で兵隊が出ての争いだって起こっています。

そんな方達がいる中、自分の興味関心が湧いたことに打ち込める、と言うのは幸せなことだと思うんですよね。

今後、そういったことを念頭に今の生活にありがたみを感じつつ、目の前のことに打ち込んでいきたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)