テレワークが大変だと思ったこと5選。それでも改善できることはある!

Pocket

2020年春頃から全国的にテレワークの動きが加速し、会社へ出社することもあると思いますが、それでもテレワークで仕事をする機会は今後もあることでしょう。

私は、今の会社へ転職してからテレワークを経験しましたが、通勤時間がない分、

・公私の区切りがなく仕事モードになりにくい
・業務前後に空き時間ができ、読書や運動などをしやすい

とメリット、デメリットがあります。

ただ、デメリットについてはこれ以外にもあるんですよね。

今回は、私がテレワークの大変だと思う5選について書いていこうと思います!

 

コミュニケーションが取りにくい

社内ではWeb会議ツールを利用して、ミーディングしたり、上司の指示を仰いだりしています。

ただ、画面越しだと直接面と向かって会話するより何か違うんですよね。これがわからないですが。
(人の温もり???)

しかも、ミーディングする時は同僚とは顔を合わせるものの、上司がいる為、雑談・砕けた話はしにくかったり、そもそもできなかったりします。

そうなると、上司以外がどんな人が自分のチーム・部署にいるかがわからない。

となると、こんなふうに思い始めるんですよ。

この人たちは、みんな売上上げているから凄い人なんだ!
それに比べ自分は全然できていないから、ダメなやつだ…

私の会社で使用しているWeb会議ツールは、メッセージのやりとりも可能なので、メッセージでやりとりすれば良いと思ったのですが、文章を入力するのって大分手間で、時間がかかるんですよね。

そうなると、連絡を取ることはせず自分のモヤモヤは放置して…。

 

改善点はあるの??

これは、実践していないことなのですが、ミーティングの前後や業務終了などで10〜15分ほど上司を抜きにメンバーだけで会話する場を設けても良いのではないかと思うのです。

そこで有益な情報交換ではなくても、雑談して気晴らしができたり、不安や悩みを吐き出してみたり、したらお互いのことを知れ自分の想像上と現実との乖離が減ると思います。

そうなれば、自分のメンバーに対する思い込みが減り、ストレスは軽減できると思うのです。

 

体が鈍り、メンタルが不安定に

テレワークをしていると、ほぼほぼ場所を移動しなくないですか??

座っていたり、ほとんど同じ部屋にいたりすることが多いと思います。

そうなると、体が重くなったり、モヤモヤし出し、メンタルも疲れを感じるとか、パッとしないんですよね。

当時は、そんなことありませんでしたが人によってはパフォーマンスの低下を招くわけで整える必要があると思います。

 

運動したり、陽の光を浴びたり、環境を変えたりすること

<運動>

ランニング、ウォーキング、筋トレ…など自宅でできる運動は色々とありますよね!

私は、

・ランニング
・筋トレ
・縄跳び
・野球のバットで素振り

をやっています。

心拍数を上げたり、体の筋肉に刺激を与えたり、さらには捻るような動作をすると、この刺激が気持ちいんですよ。

しかも、ランニングや筋トレについては達成感があり心身スッキリした感覚になります。

<陽の光を浴びる>

私は、専門家ではありませんが体感覚として、

・スッキリする
・エネルギーが湧いてくる
・何だか体に良さそうww

というのを感じます。

調べてみると、

体内でビタミンDが作られる→カルシウムのバランスが整えられる+病気の予防
セロトニンが分泌される→「幸せホルモン」と呼ばれている。精神の安定へ。
体を温める→免疫力向上

という効果があるようですよ。

ただ、陽に当たるのは30分ほどが良いようなので、ほどほどで!

 

<環境を変える>

作業環境を変えると、気晴らしになるのですがインサイドセールスなど声を使う仕事の場合、喫茶店や満喫など外で仕事をするというのは難しいと思います。

そのため、自宅で仕事をすることになると思うのですが、その際は休憩時間を仕事部屋でなく、他の部屋へ移動したり、外に出てみたりすると良いと思います。

同じ環境にいると飽きてきますし、テレワークだと公私の境がなくなってしまうので、移動するというのは心身のことを考えると必要なことではないでしょうか?

 

仕事へのブレーキをかけづらい

仕事で使う道具が目の前、もしくは仕事部屋にある。

片付ければ良いのだが、手間がかかるからそこまではやらない。

帰宅する時間がないから、平気で残業できてしまう。

といった具合に、仕事のブレーキをかけらないというのありませんか?

時間内に終われば良いのですが、時間配分が良いことで残業に繋がってしまう。
(頭の回転の速さ、要領の良さ、を身につけたいところ)

私は、その日にやらなくても良いことを23時くらいまでやった事があるんですよね。

食事取ったり、風呂に入ったりしてひと段落したら何故かできてしまう事がありました。
(その日中にやらなくても良いと思っていても…)

これって改善できるのでしょうか?

 

残業して仕事をやらないためには??

知りたいところなんですよね〜

結局は、自分自身の意志力だと思うんですよね。

「◯時になったらパソコンを閉じる!!」的な感じで。

自分ルールを設けて、それ通りに行動していくのが良いかと思います。

 

ネットワークの調子が悪くなる

これありませんか??

光回線は引いているけど、ルーターの調子が悪いのか、ブラウザで検索はできるけど社内回線に繋がらないとか。

そこで、ルーターや終端装置、パソコンを再起動してみたり…。

社内回線だとすんなり進むので、それが当たり前だと感じていても、自宅でやってみると思いのほか進みが遅かったりします。

それでその日にやらないといけない稼働ができておらず、上司から色々と言われてしまうという負のループに走るんですよねww

 

どうすれば良いの?

私たちができるのは、ルーターやプロバイダーを変えるしかないかと。

テレワークのために光回線を契約されたり、ルーターを購入されたという方は多くいらっしゃると思います。

ただ、そのような方達からすると契約し直す、別のルーターを購入するというのは手間になってしまいますよね。

 

私は、そういった事が嫌だったので終端装置とPCを直接接続することにしました。

多少は、アプリがとまったりすることはありますが、それでも会社のサーバーへ接続するなどネットワーク環境の不調を感じることは無くなりました。

ルーターを使わずONUから直接Windows10 PCに接続してインターネット(PPPoE)設定をする方法

 

眼精疲労を感じる

これは、テレワークではなくても社内勤務でも感じることでしょう。

ただ、テレワークだと家・仕事部屋から出る機会が減ったり、その分、仕事関係のことをしたりしパソコンと睨めっこ状態が続いている印象があります。

そうすると、目の疲れを感じると思いますが、みなさんはいかがでしょうか?

軽減するには?

私は専門家ではないので、何か言える立場ではありませんが、実際にやっていることと言えば、

・遠くを見る
・目を温める

ということになります。

遠くを見るのは、外出した時、休憩時間に部屋の窓から遠くを見たりしています。

また、目を温めるのはお風呂に入っている時ですね。

ドラッグストアにホットアイマスクが売っていますが、それを使うならお風呂に入っている時に、お湯をタオルに染み込ませて目に当てた方が経済的ですし、手間がかからないと思っています。

やったことで何か変化があったかというと、多少は目の疲れが残りづらくなったと思います。

 

最後に:テレワークは大変なことだってある!

これは、人それぞれ感じ方が違うので一概に言えませんが、通勤時間がなくなったり、監視の目が無くなったりと仕事がしやすくなったという人はいらっしゃるのではないでしょうか?

私もそう思いますが、ただ、やはり物事は表裏一体で良い面だけではく、悪い面だってあります。

その悪い面をいかに軽減できるかが仕事で成果を上げることにつながるのではないでしょうか?

仕事ができる人というのは、こういうのを考えないとは思いますがね。
(もしかして自立できていない証??)

私は、この経験を万が一、部下を持った時に生かせたらと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)