営業未経験で必要な勉強とは?ITの有形商材を営業して思ったことをまとめてみた!

Pocket

私は、ITの有形商材を扱う営業職へ転職して11月で2ヶ月目になります。

その間、ひたすらお客さんへコールを繰り返し、取り扱っている商材のメーカーや価格帯、自社の事を知って頂くために見積もりを見て頂いたりと必死に営業活動を行ってきました。

今回は、営業活動をひたすらやる中で今後のことを考えた時にどんな勉強が必要なのかを整理していきます。

 

 

前提として

私は、入社・転職して2ヶ月目になります。

ですので、入社して数ヶ月でどんな事を勉強すれば良いのか?、という点で書いていきます。

勉強をするなら扱っている商材のことから

当たり前のことですね。笑

・どんな商材がどのくらいの値段で取引しているのか?
→仕入れ先サイトを見る。

・どんなメーカーがあり、どんな特徴なのか?
→メーカーのHPを見る。

・今の特価商材は?
→社内で共有されていないかを確認する。

といったところを人に説明していかないと、そもそもお客さんからしたら話を聞きたいと思わないでしょう。

さらには、お客さんと接点を持つ際の提案内容になる為、自身からしたら話を展開しやすくなります。

 

それ以外でやれることは?

商材に関する事以外で勉強するなら、

・自分を見つめ直す。
→自分はお客さんに対してどんな思いで接しているのか?
→今の行動や考えは、目標達成や将来像に適しているのか?

・トークの見直し
→録音して声のトーンの状態、トーク内容で必要、不必要なところは?

といった感じで自分の内面と外面と向き合うことが必要だと思います。

これが、お客さんに提案して気づきを与えたり、さらにはお客さん・会社へと利益をもたらせるようになる一歩となるのではないでしょうか?

 

また、勉強とはかけ離れてしまいますが、

・自分のメンテナンス
→運動したり、趣味をしたり、リフレッシュする。
→内面の状態は、声に現れやすく、さらには厳しい対応・発言をされるお客さんもいる為、長い目で見た時に持続的に力を発揮できる状態にする。

も必要だと思います。

業後も仕事をやる事は、手持ちの仕事を減らせるので良いかもしれませんが、張り詰めた状態が長く続くとモチベーションの低下や体調面ですぐれないといったあまり良くない状態になってしまいますので、心がける必要があるでしょう。

現時点で、自分のメンテナンスは疎かになってしまっている部分があるので、全てを完璧にやろうとせず力を抜くところは抜いて日々ベストを尽くせる状態を作っていきたいところです。

 

何故この記事を書こうと思ったのか?

この記事を書こうと思った理由は、最近必要のないことを考えていた為、今後の為にも整理する必要があると思ったからです。

・買いたいと思っていないお客さんに買いたいと思って頂くには?
→数字目標を持つことで、「自分」にフォーカスしており、お客さんの購買意欲を考えていなかった。

・資格の勉強
→IT業界の事を知る事でお客さんとの会話が変わると思った。しかし、優先順位で考えた時に優先度は低い。

という考えを持っおり、仕事に対する考え方や取り組み方で迷走していると感じたのです。

 

ここを改め、私が目指したい姿や役割、本来の営業の姿を実現する為にも、「今」やるべき事をまとめた次第になります。

 

最後に

周囲の姿や言葉から焦りが生まれると、どうしても自分を守る(痛い目に合わないようにする)為に、自分本位な考えをしてしまうと思います。

さらには、やるべき事は「目の前にある」ということを忘れてしまい、先を見過ぎてしまうということもあると思います。

しかし、成果とは自分がやるべき事をやったらついてくるのではないでしょうか?

そのやるべき事がなんなのか?と思う事があるでしょう。

ですが、案外目の前に、自分の周囲に転がっていたりします。

これは、自分と向き合ったり、さらには自分に課題を感じていることを書き出してみてると「今」やるべき事が見えてくると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)