転職活動は辛いけどやって良かった!自分と向き合うきっかけに。

Pocket

私は、2020年前半は転職活動に時間を注いでいました。

最終的には、転職する事はできましたが、「転職できたから」というよりは転職活動をした事で良かったと思う事があるので、今回はその事について書いていきます。

 

転職活動が辛い理由

転職活動が辛い理由は、

・行きたい企業に受からない
・書類・面接試験が通らない
・自分が何者なのかがわからない
・今の職場を抜けて良いのか?
・もし次の職場が自分に合わなかったら…

といったご自身の思う結果が出なかったり、見えない不安を考えたりするからではないでしょうか?

さらには、現職中の方ですと今の仕事とのスケジュール調整を行うと思いますので、書類作成や面接対策、企業研究へ時間を割けない状況にあるがために辛く感じられると思います。

 

そうなってくると、

・転職活動は辞めよう!
・後で良いかな?

と後回しにしたり、自分の中では納得していないけど諦める方向で考えたりと後ろ向きな方向に考えてしまいます。

ですが、先々を考えた時に「転職」と言うのに目を向けたタイミングで自分の納得するまで続ける事で良い点もあるのです。

転職活動をやって良かった:自分と向き合うきっかけに

転職活動でやる事は、

・書類作成
・業界・職種・企業研究
・応募
・面接試験

がメインになると思います。

私が思うに、確かにこれらの工程は思いのほか大変で、

・志望動機が固まらない
・何をアピールすれば良いの?
・もし自分に合わない企業に入社してしまったら…

などモヤモヤした状況が続きました。

それでも、やって良かったと思う理由は、

・今後自分はどうしたいのか?
・どんな生活を送りたいのか?

といった自分と向き合えるからです。

 

しかも、それはただ自分1人で黙々と紙に書き出して進めるのではなく、求人サイトを見て興味が湧くものを知ったり、さらには企業の人事の方・同じようにキャリアで悩まれている方の声を直接お聞きする機会があり、より自分と向き合うきっかけとなります。

 

それに、転職活動をする中で「ここだ!」と思う企業に出会えたら転職すれば良いでしょうし、「今の仕事が良い!」、「違う働き方がしたい!」と思ったらその道を進めば良いと思います。

業界・職種・企業研究

転職活動をする上で、企業へ応募するにあたり業界・職種・企業を絞っていきます。

その際、

・自分はどんな業界で働きたいのか?
・どんな職場で働きたいのか?
・何を大事に生きていきたいのか?(残業してでも経験を積みたい、プライベートも充実させたい…)

といったその業界・職種で働きたい理由・思い、どんな環境で仕事をしたいのか?を具体的にしていきます。

働き方や働く環境を考える事で、自分がどんな環境に身を置き、日々の生活で何を大切にしていきたいのかが見えてくると思います。

書類作成

書類作成では、中心となるのが業界・職種・企業への志望動機、自己PRとなります。

これらを相手に伝わる文章に落とし込んでいく必要がある為、自分と向き合い、言語化していく作業が必要となります。

そうすると、必然的に、

・自分の売りは何か?
・なぜ転職したいのか?
・今後どんなキャリア・ライフスタイルを送りたいのか?
・なぜ今の会社を選んだのか?

など過去・現在・未来に目を向ける事になる為、目指したい方向感が湧いてくると思います。

応募

応募したい業界・職種・企業がわかってきたら、実際に応募していきます。

 

応募するにあたり、転職エージェントや求人サイトを利用する事が多いと思います。

これらで目にする求人票や企業情報は読み物としてでも面白いですので、大いに自己分析に活用する事は考えても良いと思います。

・企業理念
・福利厚生

・目指す方向感
・求める人物像
・求める経験

上記の点を知れることから、

・入りたい企業に入る為にはどんなスキルを磨けば良いのか?
・手に入れたいライフスタイルを実現するにはどんな経験が必要なのか?
・どのような業界・企業なら今のスキルを活かせるのか?
・自分が興味が湧くサービスとは?

といった現場目線で求めている人柄やスキルを知れる為、

・今転職した方が良いと思う環境
・今の仕事場で学ぶべき点

といった自分自身が思い描くキャリアに対して今必要とするスキル・経験が見えてきます。

面接試験

面接試験では、企業の人事の方と直接お話ができる良い機会となります。

企業側の

・企業の方向性
・事業内容
・仕事内容

といった事をお聞きできますが、面接試験の質問を通じて、

・今まで考えてきた事がわかりづらい
・もしかすると今の会社にいた方がやりたい事ができるかも
・もっと将来に目を向けてビジョンを立て直そう!

といった課題や今後の方向性が見えてくると思います。

さらには、職業に対する考え方で私と企業側とで差異がある事がわかり、このような事がわかるのには実際に試験を受けるまでは予想がつきませんでした。

 

なぜ私が転職活動を始めたのか?

ここで、私の事についてお伝えしようと思います。

私のざっとした経歴は、こんな感じです。

高校卒業後3年間公務員試験を受験するも内定を頂けず。

子供衣料のお店で約8ヶ月勤務。

都内のとあるSES企業へITエンジニアとして採用される。
サーバの運用・監視を行う現場へ派遣

 

転職活動を始めた当初は、仕事中に私なりに業務改善をしたり、システムの勉強したりとしてきたのですがお客さんへの貢献実感を得られずモヤモヤしていました。

そこで、自己分析をし、さらには実際に応募・面接試験を重ねるうちにITエンジニアとして勤務していく中で、人の見えないところで当たり前を維持するお仕事より、自分が実際にお客さんの課題に対してサービス・商品を提供し、変化するきっかけを作りたいと思ったので転職する事にしました。

これは、転職活動を通じて自分自身と向き合った結果だと考えています。

 

なので、現在の自分に納得していない、将来に不安がある方は、複業・副業で経験やスキルを蓄える、人に相談し情報を集める、といった事も良いと思いますが、転職活動をやってみる事も良いのではないかと思います。

 

まとめ

転職活動は、先が見えずメンタルがズタズタにやられると思います。

その為、

・何でこんなの事をやっているの?
・今の仕事で良いかな?

と自分の中で腑に落ちない状況で辞めたくなるかもしれません。

しかし、少しだけ頑張ってみると今後の自分がやるべき事などが見えてくるでしょう。

なので、少しでも前向きに転職活動に励み、ご自身が納得のいく判断をして頂きたいと思います!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)