自分の腕で生きる、お金を稼げる人って凄くないですか?

Pocket

今日は、社長やフリーランス、個人事業主、といった自分でビジネスを持ったり、自分の腕で勝負している人の凄さを書いていこうと思います。

これを書こうと思った理由は、現在の営業という仕事を通じて日々数字に追われていて、成果を出さないといけない人たちの凄さを感じたからです。

 

思うように数字を積み重ねられないと焦る

私は、日々稼働していて、自分の『理想』通りに数字を積み重ねられないと焦るんですよね。

・あと◯時間しかないのに目標まで✖️✖️もある。
・何がいけないのかな?改善策がわからない…。
・出来そうで何で出来ないんだ〜

1日だけなら良いのですが、ほぼ毎日のように考えておりヒヤヒヤしながら生活していますw

数字に追われている状況ですね。

その為なのか、「気を抜きたいけど抜けられな〜い」という思いが込み上げてきますw

 

 

ビジネスを起こす&自分の腕で生きる人は凄い

社長や個人事業主、フリーランスの方達はこのような状況にいると思います。

・売上を上げないと従業員を雇えなかったり、会社を存続させるたりすることができない。
・成果を残さないと仕事がなくなる。
・毎月の収入は安定しない。月によって上下する。

私は、実際に経験しているわけではなく聞いた話や私の想像でこのように思っています。

このように何かを背負っていると思うので、その中で最適な判断や行動を取るというのは、難しいと思います。

色々な感情や外からの情報があり、正解なんてわかりませんから。

 

しかも、毎日が良いように物事が進むわけではないので、メンタルが安定せずストレスが溜まると思うんですよね。

ただ、そのような状況でも自身の力を発揮できる人というのは、目の前の成果に一喜一憂せず、日々、淡々と目の前のことに取り組む。

他にも1回1回、ダメだったことを反省するのも良いのですがそこに囚われすぎず、どこかで<諦める>というのも実践しているのかなと思うのです。

あとは、もし日々ヒヤヒヤする場面があるのならそういった場面をゲーム感覚で楽しんでいるとか。

一見大変そうな状況に置かれても、自分の力を発揮できる人には頭が下がりますm(__)m

 

 

性格だけでなく将来像があるからなのかもしれない

人それぞれ将来像があると思います。

・お金を稼ぎたい
・異性からモテたい
・自分が考える世界観を作りたい

など頑張る、今目の前のことをやる目的がハッキリしていると人は頑張れるのかもしれません。

社長やフリーランス、個人事業主といった自分でビジネスを作ったり、自分のスキルで生活する人というのはそういった先々に対する思いがあると思います。

だから、自分の力で何とかしよう!、と自分で環境を作ったり、選んだりできるんだと思います。

 

趣味などで切り替えている時もあるはず!

社長や個人事業主、フリーランスの方達は、私と同じ人間です。

マグロのように毎日動き続けるというのは出来ないと思います。

その為、優先順位をつけてそれに沿って楽しみを取り入れているのではないでしょうか?

今と過去の自分の状況を鑑みて、休んだ方が良い、考えすぎない方が良い、などと思えばそこでスパッと!離れられるんだと思います。

じゃないと責任が重くのしかかる立場だと身が持ちませんから。

それに、お金を使ったり、異性と遊んだり、というのも1つの発散だったり、癒しだったりするため、こういったのを上手く活用して自身のコンディションを整えていると思います。

ただし!!

お金や異性関係というのは、その後、大きな問題、長く付き合う・向き合う必要がある事例に発展しやすいので、ほどほどにした方が良いでしょうし、可能なら運動や読書、家族といったことにリソースを割いた方が今後のリターンは大きいと思います。

 

今私ができること

自分が望んでいなくても、時間は進み明日がやってきます。

ならば、目の前の状況に一喜一憂せず<諦めて前に進む>ことが大事だと思います。

<その方法・考え方>

本能は気持ちが落ちるが、理性で気持ちの軌道修正をする。

 

<軌道修正するためには?>

①良いところにフォーカスする。

成果が少しでも出ていることにフォーカスする。

できているところに目を向けることで、気持ちを切り替えられる。

 

②諦める

・何かに追われているという心境は、どんな環境にいても、どんな立場に立っても同じでしょう。

・生活ができない自分、やることがない自分など自分が最悪な状況に置かれた時と今を比較してみると今のありがたみを感じると思います。

ここに気がつけることで、「今の自分は大したことないな!」などと割り切れ、何かに追われている状況を肯定できるかもしれません。

 

③気持ちが落ちるなら気持ちが落ちていない自分になりきる。

それで余裕を作る。前を向く。

 

最後に:1回、1回に囚われない。続けるのみ。

目の前で起きたことに囚われてしまうことがあります。

反省するのは良いですが、上手くいかなかったことをずっと考え続けると場合によっては気持ちが落ちてしまうと思います。

そんな時は、反省したら気持ちも考え方もリセットし、次の機会に向けて思考を巡らすことが大事だと思います。

そして、悲観的になりすぎず今やっていることを続けることで自分が求める成果というのが手に入る確率が上がるのではないでしょうか?

社長や個人事業主、フリーランスというのは、気持ちの切り替えや目の前で起こっている物事の解釈の仕方が上手いのではないかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)